AGAの治療薬は病院でもドラッグストアでも入手できる

病院で処方される「プロペシア」

「プロペシア」はAGAの治療薬です。主成分はフィナステリドで、毛母細胞に働きかけ、毛周期のバランスを正常に保ちます。この効果は、臨床実験でも確認されています。

AGAは放置していると、薄毛が進行していきます。AGAの傾向に気づいたら早めに医師に相談しましょう。専門の治療期間では、プロペシアなどの治療薬の処方だけでなく、アフターケアや検査などもしてもらえます。

プロペシアは、早めに服用することでより有効に効果が現れます。また、年齢が若い人ほど効果が現れやすいです。

プロペシアはあくまでAGAの進行を抑える薬です。そのため、AGAが進行し、毛髪の細胞が失われたあとでは効果がありません。また、プロペシアを服用してもAGAは完治しません。なぜなら、AGAは男性ホルモンが影響しているからです。男性ホルモンは一生に渡って分泌され続けるため、プロペシアによるAGA治療も生涯続くことになります。

「リアップ」は育毛効果も期待できる市販薬

「リアップ」は、ドラッグストアで購入できるAGA治療薬です。主な成分はミノキシジルで、脱毛の進行を抑える効果が確認されています。

リアップは元々、高血圧患者の血圧を下げるために開発された薬でした。しかし、服用していた患者に発毛作用が報告されたことから、研究が進められ、AGA治療薬として開発されたのです。

薄毛は頭皮の血行不良によって引き起こされる場合があります。そのため、発毛、育毛には、毛母細胞のエネルギーとなる酸素や栄養が、血液によって正常に髪に運ばれることが必須条件です。

ミノキシジルには血管拡張作用があります。血行を促進し、髪に栄養が届くようになるため、抜け毛対策や育毛効果が期待できるのです。

リアップは日本で初めてミノキシジルを1%配合した発毛剤として発売され、話題になりました。その後も配合濃度が5%に上がった製品などが開発されています。

ジェネリック製品を利用すれば金銭的な負担が少なくなる

AGAの治療は早めに始めましょう。AGAは薬で治療します。効果はすぐに現れるわけではないため、治療は早めにはじめ、長期的に続ける必要があるのです。

AGAの治療は長期間行われるため、薬の費用がかさみます。費用を抑えたい場合は、ジェネリック製品を利用しましょう。

ジェネリック製品は、薬が開発され、その有効成分の特許が切れたあとに販売される薬のことです。成分や効果は元になった薬と変わりませんが、有効成分の開発コストがかからないため、値段が安くなります。

ジェネリック製品を利用すれば金銭的な負担が少なくなるため、AGAの治療を続けやすくなるでしょう。

個人輸入を使えば費用を抑えられる

AGA治療薬のジェネリック製品は病院で処方されますが、個人輸入で入手もできます。

通販サイトでは、業者が薬の個人輸入を代行してくれます。個人輸入を利用すれば、病院で処方してもらった場合の7割から8割程度の価格で薬を購入できます。

しかし、業者によっては偽造品を扱っている可能性もあるので注意が必要です。偽物の治療薬は効果がないだけでなく、重大な健康被害を引き起こす危険性があります。

個人輸入を利用するときは、利用者が多く、口コミで評判の良いサイトを選びましょう。