AGA治療薬は大きく分けて2種類ある

外用薬は「ミノキシジル」内服薬は「フィナステリド」が使われる

AGAの治療薬は大きく分けて、外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬は「ミノキシジル」という成分が使われます。育毛剤としてドラッグストアなどで取り扱われています。副作用のリスクが少なく、安全性が高いのが特長です。

また、ミノキシジルを錠剤にしたタブレットもあります。タブレットは国内では承認されておらず、通常の医療機関では処方されません。AGA治療の専門クリニックか、個人輸入を行っている通販サイトで入手できます。

内服薬は、「フィナステリド」という成分が使われているものが主流です。主に「プロペシア」という製品が医療機関で処方されます。医薬品のため、ドラッグストアでは取り扱われていません。

フィナステリドとミノキシジルは相乗効果があるため、併用される場合もあります。これらの薬は、使用方法を守らないと副作用が出る危険性があるので、使用する際は注意しましょう。

ミノキシジルとフィナステリドの特長

AGA治療薬はミノキシジルとフィナステリドとの2種類が代表的で、それぞれ異なる特長があります。

ミノキシジルには血管を拡張して血流を改善したり、成長因子を増やすことで発毛を促進する作用があります。

フィナステリドは「DHT」というホルモンを作る「5α還元酵素」の働きを阻害して、脱毛を抑制する作用があります。

ミノキシジルは外用薬でも内服薬でも作用は同じですが、内服した方が効果が高くなります。しかし、元々は血圧を下げるための治療薬であるため、血圧に異常がある人が利用するのは危険です。

また、血液を通して全身に成分が行き渡るため、頭髪だけでなく体毛も濃くなる可能性があります。そのため、女性は外用薬にした方が良いでしょう。

毛の入れ替わる周期は3か月程度です。そのため、効果が実感できるまでには時間がかかります。根気よく治療を続けることが重要です。

個人差はありますが、薬を使い始めて2週間以降で、初期脱毛と呼ばれる一時的に脱毛が増える症状がでます。薄毛改善の効果が出ている兆候なので、驚いて薬の服用を中断しないようにしましょう。