ジェネリック医薬品を選んでAGAの治療費を抑える

ジェネリック医薬品は同じ効果で値段が安い

男性ホルモンが影響している薄毛や抜け毛のことをAGAといいます。症状を抑えるには医薬品が使われます。「ミノキシジル」と「フィナステリド」が代表的です。これらの薬は、発毛効果があることが科学的に証明されています。AGAは進行性の脱毛症なので、継続して使い続けることが重要です。

AGA治療薬は、継続して使い続けなければならないため、金銭的に大きな負担がかかります。しかし、ジェネリック医薬品を選べば、その費用を抑えられるのです。ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ有効成分が含まれています。しかし、成分の開発費用がかかっていないため、同じ効果でありながら先発薬よりも安価なのです。

ミノキシジルとフィナステリドはともにジェネリック医薬品が製造されています。ただし、国内で承認されているのはフィナステリドのみです。海外ではミノキシジルのジェネリック医薬品だけでなく、タブレットタイプのものも存在します。

AGA治療薬のジェネリック医薬品を個人輸入で買うときの注意

AGA治療薬を手に入れるには、医療機関を受診するか、海外から個人輸入するという2つの方法があります。

個人輸入を利用すれば、病院に行く手間が省けます。しかし、偽造品が売られている場合もあります。また、正しい服用方法でなければ効果を得られないため、購入の際には専門医に相談をするのがより安全です。

AGA治療薬を、個人輸入を利用して購入する場合、本物であるということを証明してもらえるサイトで購入することが重要です。安全面から考えて、価格だけで選ぶのは避けましょう。

AGA治療薬の1種であるプロペシアは、女性の服用が認められていません。また、触るだけでも副作用が生じる可能性があるともされています。そのため、管理はしっかりと行うようにしましょう。

副作用が生じた場合には、すぐに服用を中止し、専門医を受診することが大切です。