未分類」カテゴリーアーカイブ

AGA治療薬は大きく分けて2種類ある

外用薬は「ミノキシジル」内服薬は「フィナステリド」が使われる

AGAの治療薬は大きく分けて、外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬は「ミノキシジル」という成分が使われます。育毛剤としてドラッグストアなどで取り扱われています。副作用のリスクが少なく、安全性が高いのが特長です。

また、ミノキシジルを錠剤にしたタブレットもあります。タブレットは国内では承認されておらず、通常の医療機関では処方されません。AGA治療の専門クリニックか、個人輸入を行っている通販サイトで入手できます。

内服薬は、「フィナステリド」という成分が使われているものが主流です。主に「プロペシア」という製品が医療機関で処方されます。医薬品のため、ドラッグストアでは取り扱われていません。

フィナステリドとミノキシジルは相乗効果があるため、併用される場合もあります。これらの薬は、使用方法を守らないと副作用が出る危険性があるので、使用する際は注意しましょう。

ミノキシジルとフィナステリドの特長

AGA治療薬はミノキシジルとフィナステリドとの2種類が代表的で、それぞれ異なる特長があります。

ミノキシジルには血管を拡張して血流を改善したり、成長因子を増やすことで発毛を促進する作用があります。

フィナステリドは「DHT」というホルモンを作る「5α還元酵素」の働きを阻害して、脱毛を抑制する作用があります。

ミノキシジルは外用薬でも内服薬でも作用は同じですが、内服した方が効果が高くなります。しかし、元々は血圧を下げるための治療薬であるため、血圧に異常がある人が利用するのは危険です。

また、血液を通して全身に成分が行き渡るため、頭髪だけでなく体毛も濃くなる可能性があります。そのため、女性は外用薬にした方が良いでしょう。

毛の入れ替わる周期は3か月程度です。そのため、効果が実感できるまでには時間がかかります。根気よく治療を続けることが重要です。

個人差はありますが、薬を使い始めて2週間以降で、初期脱毛と呼ばれる一時的に脱毛が増える症状がでます。薄毛改善の効果が出ている兆候なので、驚いて薬の服用を中断しないようにしましょう。

ジェネリック医薬品を選んでAGAの治療費を抑える

ジェネリック医薬品は同じ効果で値段が安い

男性ホルモンが影響している薄毛や抜け毛のことをAGAといいます。症状を抑えるには医薬品が使われます。「ミノキシジル」と「フィナステリド」が代表的です。これらの薬は、発毛効果があることが科学的に証明されています。AGAは進行性の脱毛症なので、継続して使い続けることが重要です。

AGA治療薬は、継続して使い続けなければならないため、金銭的に大きな負担がかかります。しかし、ジェネリック医薬品を選べば、その費用を抑えられるのです。ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ有効成分が含まれています。しかし、成分の開発費用がかかっていないため、同じ効果でありながら先発薬よりも安価なのです。

ミノキシジルとフィナステリドはともにジェネリック医薬品が製造されています。ただし、国内で承認されているのはフィナステリドのみです。海外ではミノキシジルのジェネリック医薬品だけでなく、タブレットタイプのものも存在します。

AGA治療薬のジェネリック医薬品を個人輸入で買うときの注意

AGA治療薬を手に入れるには、医療機関を受診するか、海外から個人輸入するという2つの方法があります。

個人輸入を利用すれば、病院に行く手間が省けます。しかし、偽造品が売られている場合もあります。また、正しい服用方法でなければ効果を得られないため、購入の際には専門医に相談をするのがより安全です。

AGA治療薬を、個人輸入を利用して購入する場合、本物であるということを証明してもらえるサイトで購入することが重要です。安全面から考えて、価格だけで選ぶのは避けましょう。

AGA治療薬の1種であるプロペシアは、女性の服用が認められていません。また、触るだけでも副作用が生じる可能性があるともされています。そのため、管理はしっかりと行うようにしましょう。

副作用が生じた場合には、すぐに服用を中止し、専門医を受診することが大切です。

AGA治療薬の効果

AGA治療薬は症状を抑える薬と発毛を促進する薬がある

AGA治療薬の効果は、年齢や治療内容、進行度合いによって個人差があります。一般的には、若い人ほど治療の効果を実感できることが多く、年齢が高くなるほど症状が改善されにくくなります。AGA治療薬の効果は、使い始めて3ヶ月から6ヶ月で実感できます。

皮膚科など、AGAを扱っている病院では、症状を抑える薬が処方されます。しかし、発毛を促進する薬は処方されません。現状維持だけでなく、毛量を回復させたい場合は、専門クリニックを受診しましょう。

発毛を促進する薬を使うと、2週間から1ヶ月で初期脱毛が起こります。これは薬が効いている証拠です。古くて成長の止まった髪が、新たに生えてきた髪に押し出されているのです。

抜け毛の量に驚くかもしれませんが、慌てずに最初は焦らず髪の状態を見守りましょう。

AGA治療薬が効かない場合

AGA治療薬の効果が出ない場合もあります。

症状の原因がアレルギー体質や円形脱毛症、脂漏性脱毛症、抜毛症(ばつもうしょう)だった場合、AGAの治療薬は効きません。これらの病気は、AGAと同時進行している場合もあります。

AGA治療薬は使用し続けることで、症状の進行を90%以上抑えられるという臨床結果が出ています。一方、薬によっては使い続けることで耐性ができ、効果が続かなくなる場合もあるのです。

他にも、薬の服用が不規則だったり、発毛機能そのものが弱ったりしていると、AGA治療薬の効果が期待できません。

抜け毛や薄毛の原因を自分で判別するのは難しいため、不安な場合は1人で悩まずに、専門のクリニックに相談しましょう。

AGA治療費の相場

AGA治療は月に1万円から2万円が相場

AGA治療は近年、非常に注目されており、病気の1種であると認識する人も多くなっています。多くのクリニックでは、AGAの診断、治療の流れが確立しており、薄毛に悩む人が気軽に相談できる窓口も増えている傾向にあります。

しかし、AGAは命に関わる病気ではないため、治療費は保険適用外となります。治療薬の費用も病院やクリニックによって違うため、平均的な相場がわからないという人も多いでしょう。

AGAの治療費は一般的に、月に1万円から2万円前後が相場です。病院やクリニックによっては月に5000円程度で治療を行っている場所もあります。AGA治療のために病院やクリニックを受診する際は、価格を比較してみましょう。

AGAが保険適用外なのは治療しなくても健康に害がないから

AGA治療が保険適用外となるのは、AGAは生命に関わる病気ではないためです。

健康保険は一般的に、生命に関わる病気の、必要最低限の治療に適用されます。AGAは発症しても命に危険が及ぶ病気ではないため、健康保険が適用されず、自費での治療となるのです。

健康保険が適用される場合、費用はどの病院にいっても変わりません。健康保険が適用されないAGAは、治療費が病院やクリニックによってことなります。一方、AGA治療を扱う病院が増えることで治療法が確立され、相場が徐々に確立されている傾向にあります。

最近ではインターネットの普及により、様々な病院の治療費が比較できます。AGAの治療を検討している人は、病院やクリニックのホームページで料金を確認してみましょう。